カテゴリー
スキンケア

肌荒れの原因はコロナ禍のマスク!?

コロナ禍の現在、街ゆく人々はみんなマスクをしていますよね。マスクの種類も、不織布や布など様々。オリジナルのマスクを手作りしたり、可愛い柄のマスクをコーディネートに取り立てたりと、最近ではマスク生活を楽しんでいる方も多いですよね。

ヴィオテラスCセラム

私も育休が明けて仕事を再開することとなり、毎日のようにマスクをつける生活になりました。当初は、メイクを手抜きできるし、悩みのタネである頬の毛穴を隠すことができるのでマスク生活を快適に思っていました。

ところが、途中まで節約のために布マスクを使用していたのに、不織布マスクの方が感染予防に効果があるとの情報が出回るようになりました。職場の中でも不織布マスクをつける方が多くなり、布マスクで出勤することがなんとなく気が引けるようになってしまいました。

仕方なく安めの不織布マスクを箱買いし、2週間ほど使用していたある日、口元と顎にニキビのような吹き出物が複数できていることに気づきました。今までニキビはできることはあっても同時期に1?2個。それが4個も5個もできているではありませんか!しかも痛痒い!

マスクで荒れちゃったかな?少ししたら治るかな?と思い、オロナインを塗って様子を見ながらそれでも不織布マスクを使用していると、頬や目元にまでニキビが広がってきたのです。ここまで大量のニキビができたのは思春期以来。私は事の重大さに気付き、慌てて皮膚科を受診して塗り薬をもらいました。

多少周りの目が気になったとしても、布マスクに戻し、処方された塗り薬をこまめに塗ることによって、現在は随分と改善されてきました。
コロナ禍の影響が肌にも広がるとは思ってもいませんでした。