カテゴリー
スキンケア

「にきび」との壮絶な闘い。中学時代から40代後半…現在進行形

「にきび」を憎いと感じる人は多いでしょう。もしこのぽつぽつが無ければ、結構私の青春時代は輝いていたのではないだろうか、そう思おう事は無いですか?

私の小学生時代のお肌は誰もがほめたたえる「もち肌」にきびも一つもなく、お肌に対する悩みはありませんでした。ところが中学になると、顔面にニキビが炸裂。誰もが、振り返るような痛々しい真っ赤な立派な化膿性にきびだらけとなりました。「なぜーーーー!?」と心の叫びを抱えつつ、中学に通っていましたが人の目が苦痛で嫌だったことを今でも思い出します。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの口コミ&効果は?販売店での市販状況などレポートします!

肌のきれいな人からアドバイスされるのも、いやなものです。「チョコレートの食べ過ぎではない?」「睡眠不足?」…いえ、違います。多分、貴女と同じ生活習慣を送っているはずです。それなのに、出てくるのです「にきび」(泣)と、心で思っても口に出せるはずもなく、笑顔で「参考にします」と答えていました。
中学時代から、皮膚科には通っていましたが良くならないのですよね。もうこうなったら、思春期が終わるまで待つしかないと、悪化しては薬を塗って跡がひどくならないように努めました。なのに、思春期が過ぎても「にきび」が収まらない。女性周期にそってにきびが現れて消えることなく跡を残していく。もう悲惨ですよ。血で赤く染まるタオルを恨めしく睨む日々もありました。

そんなにきび肌の私が遂に光明を見出したのが40代の事。

その名は「ピル」!!

四十代にして初めて「ピル」飲みました。更年期治療に婦人科に行ったところ、更年期ではなく「PMS」のひどい状態との事で「ピル」が処方されました。
で、飲んだら…生理前にニキビが「一つ」しかできない!!
いや、一つは出来ますよ、にきびはね。でも、それも化膿して血が出る事は稀になりました。

もしも「にきび」に悩んでいる方は皮膚科と婦人科に相談に行く事をお勧めします。実体験からのアドバイスでした。